仕事でかなり疲れたので自分を甘やかす1日になっています

今日は仕事でいつもやらないことをやったのでかなり疲れてしまいました。
そこで、夜は自分を甘やかそうと決めました。もう絶対に疲れるから仕事はしないでおこうって感じです。ドラマの相棒をみてぼ?っと2時間くらいしています。

ごはんも作るのが面倒になってしまったので、家に帰る途中でラーメンを買ってしまいました。ま、こういうジャンクな食べ物も悪くないかな?って思ったりとか。そして、ラーメンの具材もレンジでチンしちゃいましたよ。たまごとかもレンジでチンするだけですぐ食べられるから最高だなぁって感じです。

本当は天ぷらを買ってきていたので、天ぷらをのせた丼でもたべようって思っていたのですが、さすがに両方食べたら太るか?って感じなので、今日は天ぷらはやめようって感じです。家に食べるものがわりとあるので、ひとまず明日はこれでしのげるなぁとか思ったりして。

明日からおやすみが続くので、ひたすらゴロゴロしようと決意しています。ブログ書いたりとかのんきにしたいよな?と。ちょうど雑誌とかを置いているので、それを読んでしまったりもしたいしなぁみたいな。時間はあるけれど、お金がないのでそれがかなりネック。

人間ってこういうお金が自由にならないと卑屈になるなぁとかつくづく思ってしまいます。でもまぁ意外とね、お金を使わずに生活自体はしてきているので、それに戻せばいいかな?とは思っているのですけれども。

とにかくお金を無駄にしないように気をつけようというのと、明日は給料日なので、とにかく今自由にできるお金どれくらいかな?と探ってみることに。あまりにもお金がないと余裕が本気でないので、今できる限りネット銀行とかの残高とかも確認中。

ありがたいことに、そういえばお金前の銀行に残ってなかったかな?とか思い出したりもしたので、明日は銀行に行こうかなと予定も考えています。ちょうど、明日は金融系のセミナーに行こうと思っていたのでちょうど良い機会になるかもって感じですね。

ぼ?っと2時間ほどしていたら、わりと元気になってきたので夜は自分の思う通りにさらに過ごそうって感じです。久しぶりにお風呂にバスソルトを入れて過ごしたり、顔はパックしちゃおうかなって思っています。

まだまだ夜の時間をしっかり堪能したいなぁなんて思っているところです。あとは床に物が散乱しているので、それをちょっとずつでもいいから片付けたいかな、と。英気を養ったら少しやる気出てきたので、残りの時間でできることはやろうって感じになっています。

日韓関係は冷え込んでいるが、韓国映画は昔の日本映画の様でとても面白い

文化交流は盛んに行われ、国境すらないような感じになる日韓関係ですが、政治的、国際的には険悪なムードになり冷え込んでいます。早く関係修復してもらいたいものです。さて最近韓国映画をよく見るようになりました。

今まで、韓国映画を見なかった理由は簡単です。韓流ブームで誰もかれもが見ていた時代は、あえて見ないようにしていました。そして最近になって見るようになった次第です。自分なりの感想は、とにかく面白いの一言です。

韓国映画は1970代の日本映画を見ているようです。人間関係が単純で、善と悪が明確、泣かせるものは徹底的に泣かせ、笑わせるところは徹底して笑わせてくれます。とにかく感動させてくれます。そしてラストこうなったらいいなあと思っていたら大概そうなります。この明確さわかりやすさがいいのです。

順に良かった作品を紹介します。『サニー 永遠の仲間たち』タイトルとジャケットからは想像もできない良い作品でした。不良女子高生グループが中年になって、余命2か月のリーダーの為に再結成しようと言う話です。過去と現在を上手く織り交ぜながら、高校時代の各自の性格と、今の人生を比較できるように演出し笑わせるところは笑わせてくれ、最後は泣かせてくれました。

次は『セシボン』です。戦後有名なフォークシンガーを世に送り出したライブ喫茶『セシボン』の話です。韓国史上最高のデユオはもともと3人だったと言う設定の、3人目のシンガーを中心とした話です。

歌い始めて間もない頃、深田恭子に似た女子大生に一目ぼれし、彼と彼女を中心にして物語は進みます。恋愛と破局、そして反社会勢力とみなされ逮捕までされます。そして中高年にさしかかった時代のラストシーン。見る人を感動させてくれます。

『泣く男』韓国版ハードボイルドです。殺し屋の話ですが、この銃撃シーンやアクションシーンがハリウッド映画並みで、特に銃撃シーンは日本映画の比にならないくらい迫力があります。アクション映画では完全に韓国が上だと実感しました。

『マイウェイ 12,000キロの真実』日本軍統治下の韓国を舞台にした賛否両論あった作品です。事実と違うと言う意見が多い中、私は映画だからその辺はこだわる必要はないと思います。

映画の中では当然のように日本軍は悪者扱いされています。しかし、日本兵と一緒にロシア軍の捕虜になった時は、韓国兵のリーダーが悪者になってしまいます。この辺の寛大さは立派だと思いました。

そしてドイツ軍の捕虜になった時は、日本兵と韓国兵の間に友情が生まれています。ラストでは日本人だと分かると殺されると言われ、韓国人に成りすましマラソンの試合にでる元日本軍大佐で締めくくられます。この作品は感動の大作だと思いました。

このように、最近の韓国映画を見ていると、日本人が何か忘れたものを思い出させてくれるように思ってなりません。隣の国だけに、文化も似ています。日本人の心に突き刺さる内容の作品も多くあります。かつて韓流ブームが起ったのもうなずけます。韓国映画を見たことが無い人には、絶対おすすめです。

感動!SNSで話題の「オキシクリーン」を今更ながら実際に使ってみました。

SNSで良く見かける「オキシクリーン」#オキシ漬けと検索すると、多くの主婦が実際に自分でオキシクリーンを使用した様子や感想などを、写真と共にアップしています。私は主婦なので、そんな投稿を見ては、「使ってみたいな~」と、日々思っていました。

ですが、オキシクリーンがお買い得に買えるというコストコが、私の住む地域にはありません。自宅から一番近いコストコは、車でなんと二時間半‥。オキシクリーンのためにそんな に遠くに買い物に行けないし、そもそもコストコの会員でもありません。

もはや私にとっては入手困難なオキシクリーン。‥と、思っていましたが、先日、なんと自宅から一番近いドラッグストアで、オキシクリーンを発見!まさか?と思って良く見ると、なんだかSNSで見たものとパッケージも大きさも違うような‥。

すぐに調べてみると、その商品は「日本版」オキシクリーンということが判明。界面活性剤不使用とうことで、汚れは落ちるかな?と多少不安はありましたが、「オキシクリーン」が使える!というワクワク感の方が勝り、購入してみました。買ったのは、500gのボトル入りのもの。500円程度で、大きさとお値段も手頃でした。早速使ってみることに。

オキシクリーンを一番使ってみたかったのは、主人の靴下の洗濯と、マグカップの茶渋落とし。毎日革靴を履いて仕事を頑張っている主人の靴下は、どうしても臭いがち。いつも液体の衣料用漂白剤を使って別洗いしていましたが、どうもスッキリ落ちていない感じがしていました。

バケツに臭いの気になる靴下と、40℃くらいのお湯、そこにオキシクリーンをキャップに2杯程度投入。良く混ぜたあと、しばらくつけ置きしてみることにしました。数時間後、液ごとそのまま洗濯機にいれ、そのあとはいつものように洗剤をいれて洗濯しました。

すると、驚いたことに、あんなに臭かった靴下の臭いが、スッキリ落ちたのです!もみ洗いなど一切せずに、つけ置きしただけで臭いがスッキリ落ちたことにとても感動しました!さらに、マグカップの茶渋落としにもトライ。こちらも、40℃程度のお湯をマグカップ一杯にいれ、オキシクリーンを溶かします。しばらく放置しておくと、頑固な茶渋汚れも、擦ることなくきれいに落ちていました!

他にも、子供の衣類の食べこぼし汚れ、靴洗いや、タオルの生乾き臭の撃退にも抜群の効果がありました。使って思ったことは、40℃以上熱いお湯の方が、効果がでやすいということ。その洗浄力は、もう我が家では必需品。リピート買い決定です。オキシクリーンをまだ試したことがないという方、是非一度使ってみてください。とてもおすすめですよ!

大好きなスタバで、思わぬサプライズに出会い気分上々です。

たまの息抜きに、スターバックスに行きます。そしてコーヒーを注文。自宅近くのショッピングセンターに入っているスタバは、店員さんも優しく丁寧でいつも店内は清潔です。「いつもありがとうございます」や「こんにちは」と顔なじみになると、気軽に声を掛けてくれます。

どこのスタバも素敵ですが、私はやっぱりこの自宅近くのスタバがお気に入りです。店内でゆっくり音楽を楽しみながらコーヒーを飲んだり、新作を試したりしてホッとする時間を作っています。季節に応じてどんどん新商品が出るので、毎回行くたびに違う商品があったりして、いつもワクワクします。

春には桜味や、ハロウィンにはパンプキン味など、季節感がたっぷりで目でも楽しめ、味ももちろんおいしいです。ちょっと値段はお高めですが、コーヒーもおいしくゆっくりできるので大好きな時間です。

そんなスタバに最近行った時のこと。お会計を済ませてレジでレシートを貰う時に、店員さんから「おめでとうございます」と言われました。「何が?どうした?」と思っていると、レシートに「トールサイズのドリンクプレゼント」と書かれていました。

簡単なウェブのアンケートに答えるだけで、トールサイズのドリンクがいっぱい無料となるレシートが出ました。あまりこのレシートは出ないようで、定員さんも一緒に喜んでくれました。とてもやさしくて親切な方でした。よくスタバに行くのですが、私は初めてこのレシートを見ました。そしてかなり興奮です。

すぐにスマホで簡単なアンケートに答え、数字をレシートに書き込んで、期限は一か月くらい有効のようです。「こんな簡単なことでドリンクがもらえるなんて、スタバさんありがとう」と、感謝の気持ちがこみ上げました。なんだかとってもお得な気分がして、一日ハッピーな気持ちです。思わぬサプライズ的なこんな素敵なプレゼントって、なんだかいいですよね。

女性は特にサプライズが好きなので、とてもうれしいです。テンションもあげあげで、他人にやさしくできそうな気がします。しかもいつもショートサイズを注文するので、トールサイズはちょっといつもよりも量も多めです。

たくさんおいしいコーヒーが飲めると思うと、ニヤニヤが止まりません。それにどんなドリンクでもよいようです。こんなうれしいことがあってもいいのか!というくらいルンルンな気分で、体からハッピーオーラが出ていた気がします。このレシートをいつ使おうか今からとても楽しみです。

素晴らしい結果ですが本人にはまだまだという表情が見えました

先日、オランダでフィギュアスケートのチャレンジカップという国際大会が行われました。ISUの公式大会ではないためさほど注目はされていない小さな大会でしたが、シニアからノービスまで各カテゴリーで日本人選手が活躍しました。

中でも注目していたのは男子シングルスの山本草太選手と女子シングルスの紀平梨花選手。二人とも優勝という結果に終わりましたが、特に山本選手の事に関しては感慨深いものがあります。

山本選手は現在19歳の選手ですが、2016年世界ジュニアフィギュア選手権直前に足首の怪我で棄権。そしてシニアデビュー直前で再度怪我をしてしまい、試合から遠ざかっていた時期がありました。3度の手術を経て2017年の地方大会で復帰。

その時はシングルジャンプしか跳べないという状況でしたが、2017年全日本フィギュアでは数種類の3回転ジャンプを跳び復活の兆しを見せてくれました。その1年後の2018年全日本フィギュアでは高難度の3回転ジャンプやトリプルアクセルジャンプも成功、フリーでは4回転トゥーループジャンプを成功させ驚かされました。

4回転ジャンプを成功させてくれたのは嬉しかったのですが、他のジャンプが乱れてしまい9位という結果に終わってしまい少し残念に思っていました。けれど、その2か月後のチャレンジカップではショートで4回転トゥーループジャンプを成功、フリーでも4回転トゥーループ、トリプルアクセルを2本を含む他のジャンプも確実に決め170点を超え現在活躍しているトップ選手のスコアに並ぶような好成績で大会を終えたのです。

ジュニア時代、4回転ジャンプを成功させていた山本選手は3年越しでようやく以前の自分のあるべき位置に戻ったと言えます。その過程は私たちが考えているよりも長く、苦しいものだったと思います。

表彰台では柔らかい表情を見せ、嬉しそうな感じでしたが得点が出た時には意外に冷静で過剰に喜ぶ感じではありませんでした。今の状況に満足している感じではなくて「まだまだやれる、やってやる」と考えているような様子が伝わってきました。

今後、順調に世界ランキングを上げて山本選手が本来出場するはずだったグランプルシリーズや大きな国際大会、最終的にはオリンピックを目指して欲しい、彼ならそれができるはずだと感じました。山本選手は素晴らしいスケーティング・スピンの技術を持っているのでますます活躍されることを期待しています。